アスレチックトレーナーチーム BIGBEAR

−トレーナーとしてスポーツ医学に携わっていく為に−

BIGBEARにおけるスポーツ医学的な活動としては、現場での応急処置から始まり、慢性的な障害に対してのトリートメントまでと幅広く、また障害に対するリハビリテーションも重要な役割の1つとしてあげられます。そして、これらスポーツ医学的な処置、リハビリテーションなどを行うにあたって、最も重要になってくるのが、医師とのコミュニケーションになります。障害が大きくなればなるほど医師と連携は密になり、医師とトレーナーの意見を統一し合いながらプログラムを進めていきます。

 

リハビリテーションの目的

リハビリテーションは、受傷後に受傷部位が通常の機能を保ち、競技により完全な形で復帰できることを重点に置いています。

 

リハビリテーションの構成要素

リハビリテーションは、その目的のためにいくつかの構成要素を持っています。

1.一般的な体調/コンディショニングを保つ事

受傷部位ではないところのコンディションを保ちます。

2.痛みを制御する事

アイシングやそのほかの治療器具を使って痛みを制御します。

3.心肺機能を保つ事

受傷後の心肺機能の低下はかなり早い為に、バイク等を使って心肺機能を保ちます。

4.可動域(ROM)を回復させる事

受傷後に受傷部位を固定させる事によって周辺の筋肉、腱、靭帯等が硬くなり、可動域が狭くなってしまいます。そこでそれを回復させます。

5. 筋肉の強さと持久力を回復させる事

可動域と同様に、筋肉の強さ,持久力も低下します。そこでこれらを回復させます。

6. 神経筋制御を回復させる事

受傷後は、筋肉と神経の協調性も低下します。そのために関節が安定しない等の障害が起こります。例としては、足関節捻挫の後に片足で立とうとしても立てない事などです。協調性の回復には、バランストレーニングが効果的です。

7. 機能的にそれぞれのスポーツに復帰できるように準備する事。

それぞれのスポーツの技術にあったエクササイズの簡単なものから徐々に難しいものを行い、最終的に競技に復帰できるようにします。
トレーナーは、この構成要素に沿ってリハビリテーションを進め、これらがすべて満たされた後に選手は晴れて競技に復帰できるということになります。