アスレチックトレーナーチーム BIGBEAR


テスト結果など

発表された研究内容

  • Rehabilitation after ACL knee surgery: Eastlack et al, 2005:
    -“ACLの再腱術後のリハビリテーションで下肢重力調整機器を使用することで痛みが大きく軽減された。この研究では下肢重力調整機器を使用した運動では地面反力を軽減させると同時に手術後の歩行を安全に行う事が可能であった。”

  • Cardiovascular safety and gait analysis: Cutuk et al, 2006:
    -“下肢重力調整機器を使用して歩行する事は下半身にかかる荷重を軽減して患者さんの為のリハビリ道具として使用する事が有効であると思われる”[Gで最大に空気圧を調整すると水深90cmに立っているのと同等である]

  • Interactive effects of running speed and weight support on metabolic power and ground reaction forces: Kram & Grabowski, 2007:
    -“10%重力を減らした場合、時速0.96キロスピードを上げることで同じ消費カロリーが得られる”

Alter Gを使用して走った時の筋活動

Biomechanics and Motor Control Lab, Department of Exercise and Sport Sciences, University of Copenhagen, Denmark

  • 下肢重力調整トレッドミルを使用して体重を減少させた状態で走ると通常と同じような動作で行うことが出来る。下肢の筋肉の活動量は新しい状況に適用する。

  • 障害もしくは手術後の早期運動開始に体重を調整して走ることは有効であると同時に神経系の障害があり筋力が落ちている人もしくは運動機能が低下している人に有効である可能性がある。