アスレチックトレーナーチーム BIGBEAR

 

機能と操作について

技術説明

  • 空気圧差技術を使用する事で上半身と下半身の空気圧差により持ち上げ作用が発生する

  • 実際は密封されたバック内の圧が上がる事によって体が持ち上がるような状態になる

  • 元々はNASAの技術であった高度圧力調整システムとトレッドミルを組み合わせることで下半身への負担を軽減可能にする

操作説明

  • 1%の間隔で自重の100%から20%の重量まで調整可能

  • スピード最大19km/h(0.1km/h間隔で調整可能)

  • リバース4.8km/hまで可能

  • インクラインは15%まで可能

  • 画面表示はハートレート、カロリー、時間、距離、ペース、傾斜

  • 高さは15段階で調整可能

  • 自動キャリブレーション機能付き